SCORとReMark、保険契約者の健康推進のため、フランスのHumanoo社と業務提携

Woman Phone

SCORの生物学的年齢モデルBAMTMをHumanooの健康モバイルアプリに組み込み、フランス国内のユーザーのウェルビーイングの向上に貢献します。

「保険会社の役割はリスクを軽減し、保険金を支払うことだけではありません。これからは保険契約者が自身のウェルビーイングを高められるよう、私たちがその手助けをしたいと考えています。」とSCOR Global LifeのフランスマネージャーのDavid Caronは述べています。

このビデオを視聴するには、パフォーマンス クッキーを受け入れる必要があります。

設定の変更

HumanooはSCORとその子会社であるReMarkと提携し、Humanooの健康モバイルアプリにBAMを組み込みました。保険会社は今後、収集し分析したデータに基づいて、保険契約者の日々の運動が自身の寿命にどのような影響を及ぼすかを測るソリューションを活用することで、リスク軽減サービスを強化することができます。Humanooのモバイルアプリはフィットネス、食事(栄養)、マインドフルネスといった3つのエリアで構築されており、3000種類もある運動メニューやコーチング、モチベーションアップに繋がる独自の特典をユーザーに提供しています。

「ユーザーに継続的にアプリを利用してもらうことが大きな課題の一つでしたが、Humanooのサービスは、ユーザーの65%が毎週アプリを利用しているということからわかるように、ユーザーのニーズに応えられています。」

Andy Gugenheimer Humanoo’s General Manager in France

多様で充実したコンテンツを提供し、それらの定期的な更新を続けることで、保険会社による顧客ロイヤルティの獲得が可能になります。日々の生活の中でウェルビーイングを高める行動をユーザーに促し、それをサポートします。また、保険に対するイメージを現代社会に適応したものに変化させることで、健康を気にする若い世代の保険契約者への訴求も可能となります。

SCORとHumanooが共同で開発したこの独自のサービスは、今後保険会社のポートフォリオを技術的側面から改善する上でも役立ちます。アプリを通じて得られた匿名のデータを活用することで保険会社は顧客の理解を深めることに繋がり、起こりうるリスクに調整しながら対応することが可能になります。BAMのアルゴリズムがユーザーの活動状況を『見える化』することで、保険会社にとって有益な情報が得られます。収集し分析されたデータに基づき日々の運動が寿命に与える影響をBAMが測ることで、保険会社は保険契約者の情報を確認し、長期にわたるリスクを測ることができます。

Humanoo社 ウェブサイト