ReMarkが、受賞歴を誇るヘルス&ウェルネスソリューションの革命的なアップグレードとなるGood Life 3.0を発表

GL Title

Good Life 3.0はReMarkの受賞歴を誇るヘルス&ウェルネスアプリがさらに進化したものです。Singapore FinTech Festival 2022において、中国・東南アジア代表、ヴィンセント・シー(Vincent Shi)が、強化されたゲーミフィケーション、3DのUI/UX、より全体的な健康へのアプローチを備えた新バージョンを発表しました。

このビデオを視聴するには、パフォーマンス クッキーを受け入れる必要があります。

設定の変更

Good Life 3.0は、確立された習慣形成の原則と機械学習を組み合わせて、ヘルス&ウェルネスアプリの境界を再定義します。新しいアプリは、従来の「身体的なことに限定された」健康観を超えて、身体的活動、精神的な健康、栄養、社会的健康、睡眠の5つの柱からなる健康フレームワークを追跡します。アプリは、保険契約者の長期的なユーザーエンゲージメントを維持し、健康的なライフスタイルを中心とした良好な関係を促進する際に、保険会社が直面する課題に対応するものです。

ゲーミフィケーションされたUI/UXでエンゲージメントを再定義

Good Life 3.0は、新しいゲーミフィケーションされた環境を導入し、以下の機能により、ユーザーエンゲージメントを向上させます。

  • 仮想世界 – 毎月、新登場する3Dワールドで、ユーザーへの娯楽性を高め、ユーザーコミュニティのデジタル体験を変えます。
  • スマートコーチ – ユーザーが選択した、やる気を高めるアニメーションのコーチが、さらに健康的な生活への道のりをパーソナライズします。
  • 改良されたUX – インターフェースを刷新してユーザーエクスペリエンスを最適化し、アプリをさらに楽しく、スムーズで、直感的にお使いいただけるものにしました。
  • さらに充実したタスクライブラリー – タスクライブラリーを拡大し、栄養、睡眠、心の健康のチャレンジを追加しました。

リスクの専門知識:データが知識に変わるとき

Good Life 3.0は、SCORのダイナミックアンダーライティングアルゴリズム、Biological Age Model BAMTMを搭載しています。これで、ウェアラブルデバイスまたはスマートフォンからのデータに基づく生物学的年齢(死亡/疾病リスクのレベルの測定値)をユーザーに提供します。このアプリは初めて、将来を見据え、ユーザー自身のウェアラブルデータとヘルスデータを活用して、病気や疾病の可能性の兆候を早期に警告します。警告は以下を組み込むことにより行われます。

  • ヘッドアップ – 新型コロナウイルス感染症など、インフルエンザに似た病気を早期に警告するシステム。
  • グッドヘルス – 最大15の疾病(心臓発作、卒中、糖尿病、特定のタイプのがんなど)の早期の兆候を提供するアルゴリズム。
Good Life 3.0では、ユーザーエクスペリエンスをより楽しく、魅力的なものにしながら、アプリを拡張して、身体的なことにとどまらず、人々が自身の健康をより全体的かつ包括的な方法で改善できるようにしました。

Na Jia ReMark、最高経営責任者(CEO)

「私たちは、人々が身体の健康を非常に重要視していることを常に知っていましたが、最近のグローバル調査では、現代社会、特に若い世代においてストレスなど他の健康に関する懸念が、ますます有害な役割を果たしているという結果が出ています。Good Life 3.0では、ユーザーエクスペリエンスをより楽しく、魅力的なものにしながら、アプリを拡張して、身体的なことにとどまらず、人々が自身の健康をより全体的かつ包括的な方法で改善できるようにしました。」とReMarkのCEO、Na Jiaは語ります。

Good Life 3.0は、Singapore FinTech Festival 2022で業界関係者に公開されました。 アプリは、ReMarkの2022/23の戦略ビジョンである「Innovate for Impact(インパクトのあるイノベーション)」の重要な構成要素となり、テクノロジーソリューションを活用して、人々を保険体験の中央に据えます。