秋田県の実証プロジェクトが始動

秋田県プロジェクトウェブサイト記事用画像 copy 01

秋田県は複数の企業の協業による2つのサンドボックスプロジェクトを採択し、そのうちの1つのプロジェクトにリマークジャパンから健康アプリGood LifeとGarminウォッチを提供します。

2022年11月10日に秋田県庁にて記者発表が行われ、日経新聞地元TV局のニュースとして紹介されました。このプロジェクトは、県内企業の従業員の健康増進に向けて、秋田県発の新たなヘルスケアソリューションの開発を目的としています。リマークジャパンが参加するプロジェクトを主導する(株)アルファシステムは、秋田県にある医療機器開発会社で、今回は従業員の腰痛改善プロジェクトと題して、自社開発の身体測定器やリマークジャパンの健康アプリ「Good Life(グッドライフ)」、そしてGarmin社のヘルスデータを測るウェアラブル端末、Garminウォッチを活用した「ヘルスケアパッケージ」を開発しPoCを行います。